2016年05月13日

現在展示中の作品 

esora-04s.jpg

針金インスタレーション「絵空事」第2期展示
2016年3月29日〜 (終了日未定)
会場:伊丹市立工芸センター 企画展示室(B1) サンクンガーデン
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)/月曜休館(祝日の場合翌日)

詳細はこちら

2016dbRyugakuBosyuPosterN.jpg


2016dbRyugakuBosyuF.jpg

2016dbRyugakuBosyuB.jpg

募集要項 Poster, Leaflet
Client: NPO法人ダンスボックス
Design: Masuda Manabu (a-t-n.jp)
Photo: Iwamoto Junpei
Dancer: Daiji Meguro
Date: Apr.2016

2015dbRyugakuBosyuPosterN.jpg


2015dbRyugakuBosyuFn.jpg

2015dbRyugakuBosyuBn.jpg

募集要項 Poster, Leaflet
Client: NPO法人ダンスボックス
Design: Masuda Manabu (a-t-n.jp)
Photo: Iwamoto Junpei
Dancer: Nukuto CHIhiro, Takeuchi Koichi
Date: Apr.2015


2015dbRyugakuShowF.jpg

2015dbRyugakuShowB.jpg

ショーイング公演 Flyer
Client: NPO法人ダンスボックス
Design: Masuda Manabu (a-t-n.jp)
Date: Jun.2016


2015dbRyugakuSeikaF.jpg

2015dbRyugakuShowBn.jpg

成果公演 Flyer
Client: NPO法人ダンスボックス
Design: Masuda Manabu (a-t-n.jp)
Photo: Iwamoto Junpei
Dancer: Noda Youei, Ihara Mirai, Oshida Yuki, Kuzuhara Atuyoshi, Katsura Ako
Date: Mar.2016

2015mioFn.jpg

2015mioBn.jpg


2015mioPosterN.jpg


Flier(A4), Poster(B3), Web
Client: MIO PHOTO OSAKA 2015
A.D. & Graphic Design: Masuda Manabu (a-t-n.jp)
Web Design: Ichirou Aoki
Date: Oct.2015


2015kinosakiDance02F.jpg

2015kinosakiDance02B.jpg

Flier (B3)
Client: jcdn
Design: Masuda Manabu (a-t-n.jp)
photo: Ryo Igaki
Date: Oct.2015


2015kinosakiDance01F.jpg

2015kinosakiDance01B.jpg

Flier (B3)
Client: jcdn
Design: Masuda Manabu (a-t-n.jp)
photo: Ryo Igaki
Date: May.2015


2015kounotori04.jpg
2015kounotori05.jpg
2015kounotori.jpg2015kounotori02.jpg

Headdress
Client: jcdn
AD: Masuda Manabu (a-t-n.jp)
Design: Hevio Tamamura
Date: May.2015

esora-04s.jpg

©キリコ

針金インスタレーション「絵空事」第2期展示
2016年3月29日〜 (終了日未定)
会場:伊丹市立工芸センター 企画展示室(B1) サンクンガーデン
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)/月曜休館(祝日の場合翌日)


 伊丹市立工芸センターにて2016年2月27日(土)〜3月27日(日)まで開催されていた針金絵画インスタレーション展「絵空事」は、たくさんの方にご来場いただき、ご好評いただきました。それにより幸運にも会期を延長する運びとなりました。本当にありがとうございます。
 
 会期中のある日、一人の女性が「絵空事」を観に来てくれました。初めて会うその女性は偶然時間ができたそうで、人の勧めで足を運んでくれました。彼女は鑑賞台のベットで1時間以上、展示空間を出た窓越しで20分以上、ただただ作品を眺めていました。ほどんどの鑑賞者は、作家に会うと作品に対する疑問を投げかけますが、彼女に言葉はほとんど無く、作家がいることも忘れてずっと作品を眺めていました。おそらく彼女は「絵空事」を通して、空を眺め、自身と向き合っていたのだと思います。
 制作し始めた当初から、作品を観て自身の「絵空事」と向き合っていただければと思っていましたが、それを目の当たりにすることができました。作品を作った者として、とても冥利につきる出来事でした。

 この「絵空事」は特別ものでは無く「夢のようなこと」が「日常」のすぐそばにあると感じていただければ嬉しく思います。

 現在延長期間の期日は設定されていません。作品の強度や寿命、役割が終わり次第終了となります。1ヶ月...2ヶ月...あるいは明日までかもしれません。会期を延長することで、一人でも多くの方にご高覧いただければ幸いです。


また「絵空事」記念パンフレットを作成、販売予定です。
目処が立ち次第お知らせ致します。

どうぞよろしくおねがいします。


升田学


esora-05s.jpg

esora-06s.jpg

©キリコ

esora-08s.jpg

©キリコ


伊丹市立工芸センター地下1階中庭 サンクンガーデンにて、天井画のように掲げられた升田学の針金絵画インスタレーション作品「絵空事」。
その「絵空事」がどのように企画され、創作し完成したのか、雑談交えてお話しします。また、みなさんの「絵空事」もお聴かせいただけたらなと思います。

同日は夜の鑑賞会も開催。20:00までご覧になれます。


日時:3月12日16:00〜(約1時間)
場所:伊丹市立工芸センターB1 サンクンガーデン

飲食:16時~20時 musuhi cafeカヤ
ミニライブ:18時~20時 恒 (出入り自由)


esora-07s.jpg

©キリコ


伊丹市立工芸センター地下1階中庭 サンクンガーデンにて、半径約7mの扇形の作品を天井画のように掲げた升田学の針金絵画インスタレーション作品「絵空事」。空間には屋根は無く、背景を透かし見る絵画のような特徴を活かし、青い空や白い雲、移ろう時間を借景とします。
3月11日(金)12日(土)のみ開館時間を20:00まで延長し、夕暮れ時の日が沈む頃から、空の色の変化を楽しみながら、昼とは違った夜の作品をご覧いただけます。

当日はmusuhi cafeカヤによる暖かい食べ物、飲み物を販売いたします。

また急遽、音の実験をお願いしました。
宇宙の音とも胎内の音とも呼ばれる、水晶でできた倍音楽器、クリスタルボウル奏者の恒さんと、トゥバ民族音楽奏者の等々力政彦さんのミニライブ。実験要素もあり、どのようなライブになるかは当日のお楽しみです。
夜空に浮かぶ「絵空事」を観ながら豊かな時間をお楽しみ下さい。

入場無料、出入り自由
場所:伊丹市立工芸センターB1 サンクンガーデン


11日
飲食:16時~20時 musuhi cafeカヤ
ミニライブ:18時~20時 恒、等々力政彦
12日
飲食:16時~20時 musuhi cafeカヤ
ミニライブ:18時~20時 恒


12日は16時から升田学のギャラリートークも開催しますので、合わせてお楽しみ下さい。


<プロフィール>

musuhi cafeカヤ
大阪にあった店舗をクローズし、現在は宝塚でベジ料理のケータリングや料理教室を開催。
「ともみめし」と名付けられる、オーナー西浦友美の産み出すベジ料理は、ベジタリアンじゃない人たちからも評価が高い。その他、カレーやスイーツも評判。


恒(ひさし)
大学院で民族学、民俗学的なアプローチから独自の宗教哲学を研究。
同時期に、HIPHOP、民俗音楽、Rock、soul等をミックスした革新的な音楽ユニットで活動。音楽業界人から高い評価を受けるが音楽活動を休止。その後クリスタルシンギングボウルと出会い、音の波に導かれるまま音楽活動を再開。音のワークショップや、奉納演奏、音浴ライブ、 ヨガコラボ、ダンスコラボ、講演会などを関西を中心に活動。


等々力 政彦(とどりき まさひこ)
トゥバ音楽演奏家。20年以上にわたり南シベリアで喉歌(フーメイ)などのトゥバ民族の伝統音楽を現地調査しながら、演奏活動をおこなっている。あがた森魚、朝崎郁恵、安東ウメ子、EPO、OKI、押尾コータロー、古謝美佐子、大工哲弘、Huun-Huur-Tu、Sun Ra Archestraなど内外のミュージシャンと共演、およびアルバム参加。嵯峨治彦(モンゴル音楽)とのユニット「タルバガン」、奥野義典・瀬尾高志・竹村一哲とのユニット「グロットグラフィーGRottoGRaphy」、ササマユウコ・真砂秀朗とのユニット「生きものの音」でも活動中。

esora-01.jpg

esora-02.jpg


絵空事 升田学 針金絵画インスタレーション

伊丹市立工芸センター 企画展示室(B1) サンクンガーデン
2016年2月27日(土)〜3月27日(日)
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)/月曜休館(祝日の場合翌日)/入場無料

主催:伊丹市立工芸センター[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]

今回は同センターの中庭に、約7㎡の作品を天井画のように掲げます。背景を透かし見る絵画のような特徴を生かし、青い空や白い雲、移ろう時間を借景。初めて一本にはこだわらず、複数の針金でつくる大作に挑みます。さまざまな縮尺で描かれたヒトや動植物が一つの「いのち」として混じりあい、「絵空事」に過ぎないと思われる理想郷を描き出します。
本展では、下から見上げられる鑑賞場所を設置し、その鑑賞台から観る人の姿も含めて作品の一部となるよう構成しています。あわせてお楽しみ下さい。


◎「絵空事」 作品滞在制作 終了しました
2月6日(土)〜21日(日) 10:00〜17:00(予定)
会場にて作品制作を行ないます。
時間帯など詳細はHPやFacebookにてお知らせします。
 升田学Facebook https://www.facebook.com/manabu.masuda.52

◎針金ワークショップ 終了しました
2月13日(土) 10:30〜(約90分/予約制)
定員:10名 小学校高学年〜大人対象
費用:1000円(材料費込み)
場所:伊丹市立工芸センター B1ロビー
予約:伊丹市立工芸センター(TEL:072-772-5557)
升田学のレクチャーによるヒトスジアートに挑戦。

◎circeとヒトスジ創作ライブ 終了しました
3月6日(日) 14:00〜
無料
場所:伊丹市立工芸センター 企画展示室(B1)サンクンガーデン 展示空間内
circe(キルケ)はマリンバ、ギター、ドラムのインストバンド。現在、ニューアルバム「旅人と鹿と機織りの物語」リリースツアー中。展示空間でのライブに加え、升田学との即興セッションの2部制を予定。

◎「絵空事」夜の鑑賞会 +音の実験 終了しました
3月11日(金) 12日(土) 〜20:00
通常18:00までの開館を特別に20:00まで延長し、作品をライトアップします。夕暮れ時の日が沈む頃から、空の色の変化を楽しみながら、昼とは違う作品の表情がご覧いただけます。また、温かい飲み物(有料)などをご用意しています。
またクリスタルボウル奏者の恒さんと、トゥバ民族音楽奏者の等々力政彦さんのミニライブも開催します。

◎「絵空事」ギャラリートーク 終了しました
3月12日(土) 16:00〜
無料
「絵空事」企画から創作、完成まで、ヒトスジにまつわるお話しをします。

伊丹市立工芸センター
〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-28
TEL:072-772-5557 FAX:072-772-5558
HP:http://mac-itami.com

ikimnono-01.jpg

ikimnono-02.jpg

伊丹のクロスロードカフェにて個展を開催します。伊丹工芸センターでの展覧会「絵空事」に合わせての開催です。
"いきもの"の有機的な線のみを描いた新作やフォトグラム作品、アクセサリーなど、ちいさな作品を中心に展示販売いたします。どうぞお立ち寄りください。


升田学 作品展
いきもののけはい

日時:2016年3月2日(水)〜3月28日(月) 9:00~20:00/火曜定休
会場:クロスロードカフェ
   兵庫県伊丹市中央3−2−4/tel.072-777-1369
   http://www.crossrodwcafe.jp